最近、父親のお見舞いで、毎日病院に行くようになりました

私の父親が逓信病院に入院することになりました。今まで、自分自身が入院したこともないですし、親が入院したこともないという、健康な家族だったので、病院に入院ということで家族全員がとても不安な気持ちでいっぱいでした。

病院というと、薄暗いというイメージと、夜がとても怖いというイメージがあります。入院している父親の事を考えると、一日も早く元気になって、退院してほしいなと思っています。そこで、私は今、毎日、父親のお見舞いとして病院に一時間ほど滞在するようになりました。

最初は、まったくわからないシステムに戸惑い、自分自身がお見舞いに行くのもとても緊張していました。今も緊張している気持ちは変わりませんが、少しずつ分かり始めたこともあります。毎日お見舞いに行っているので、だいぶ、看護師さんのこともわかってきました。夜勤や日勤などで、毎日同じ看護師さんがいるというわけではないので、行くたびに人は違うのですが、毎回行くと、一度顔を見かけた人がいたり、看護師さんも私の顔をだんだんと覚えてきてくれて、挨拶をしてくれたりしています。そのように、どういう人が父親の看護をしてくれているかというのが分かるのが、私としてはだいぶホッとしてきたということです。

まだまだ入院がいつまでかわからず、入院費も不安なことがありますが、少しずつ、いろいろな手続きをして行っています。入院費用が結構かかりそうということで、父親の会社の健康保険に、限度額の申請をしてみたり、傷病手当で、お給料の何割かがもらえるようにという、慣れない手続きですが、とても大切なことを少しずつこなす毎日です。

家族が入院するということは、とても大変なことで、本人も頑張っていますが、それを支える家族も、倒れないように、しっかりと健康に気をつけることが大切です。

これからも、お見舞いに毎日行って、父親の様子を見てきたいと思います。逓信病院の看護師さんは優しい看護師さんばかりなので、早く退院できるように私も頑張っていきたいと思います。看護師 求人 千代田区でお探しなら、逓信病院は患者からみると、とてもオススメですよ!