優しい看護師さんに親子共々安心しました

息子が生まれてから初めて風邪になり、鼻水がかなり酷かったので近所の(地元は尼崎市です)耳鼻咽喉科に行くことにしました。

そこの病院はビルの三階にある場所で、エレベーターもしくは階段で行かなくてはならず、私は息子を抱っこしていたこともありエレベーターで行くことにしました。
そこでエレベーター待ちしている人が私の他にも二人いたのですが、そのうちの一人が階段で行くことにしたようでした。

二階には皮膚科が入っているので、その階段で先に向かった人が皮膚科か耳鼻咽喉科どちらに行こうとしてるのかがわからなかったのですが、エレベーターから降りたとき目の前にいたので耳鼻咽喉科に入る順番が階段の人→私→もう一人のエレベーターにいた人と受付をしたのですが、ここの耳鼻咽喉科は受付する際に飲食店で順番待ちしてる時みたいにカタカナで名前を書くシステムだったので記入して待っていました。

すると、受付の人が私が息子の名前しか記入していないのにも関わらず「ご一緒ですか?」と聞いてきたのです。
私はどこも悪くないし「息子だけです」と言うと、受付の人が一瞬困惑した顔をしていましたが、記入した名前の順番を見てみると、どうやら私の前の人の名字が私と似ていたため間違えたようです。
私の名字は口頭で説明すると、大体その間違えられた人の名前で聞き取られてしまうくらいなので仕方ないと思いつつ、記入した用紙の他に保険証や診察券も渡しているんだから漢字で見れば全然違うんだから間違えるはずないだろと思いました。
それに、病院でまさか名前を間違えられると思っていなかったのでビックリしました。

待ち時間も少なく診察室へ入ったら、最初はなんだかわかってなかった息子が、鼻水を吸ってもらうのと同時に泣き出してしまい、看護師さんも押さえつけるのが大変でした。
鼻水も耳垢もきれいにしてもらえて親は助かりますが、やっぱり泣かれてしまうことは辛いです。
薬も出してもらい、シロップなのでベーっと出されることなく飲み続けてくれています。
もう薬がなくなりそうですが、まだ症状が良くなっていないのでまたその病院に行かないといけません・・・。
でも、息子を押さえつけてくれた(笑)看護師さんがみんな親切な人ばかりだったので、親としては安心できる病院だなと思います。
【看護師求人|尼崎市で好条件の職場の探し方【※私の転職体験談】】

しかし、今度は間違えられることなく受付ができるといいなと思っています。